累計

本日

昨日



― Breeze ―


過去ログ 2010年02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2011年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2012年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2013年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2014年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2015年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2016年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2017年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2018年01月 02月 03月 04月 05月 

 2016年10月29日(土)  サバアンダーR15
grp1029235628.jpg 567×850 36K
「あなたに抱かれるのは今夜限りね。」







明日、サバアンダーをたうてぃに塗る。






桜木町での待ち合わせ。10日ぶりに彼女に会う。

小ぶりのピアスにショートボブ。アウターの下にはツィードのワンピース。


「今日はどこ行くの?」




昨日から右耳の耳鳴りが酷い。金曜、仕事終わりで耳鼻科へ駆け込む。

「聴力検査しましょう。」

片側しか付いていないヘッドホンを付ける。

「右耳全く聞こえてないですね。」

「メニエールの再発です。」









土曜日。みなとみらいのホームセンタ。

「私、ホームセンターって初めて。すごい人出ね。」

「買い物とか行かないの?」

「家に外商の人とかが来るから高島屋くらいしか行かない。」

「そう。」

「私達ってさ、夫婦に見えるかな?」

「20代後半の君と俺だろ。どうかな、見えなくもないかな。」



耳鳴りがキツイ。高音が激しく聞こえ低音が聞き取れない。

処方されたステロイドを2粒噛む。



サバアンダーを塗るための刷毛を探す。

「広いからなかなか見つからないね。私何処にあるか聞いてくるよ。」

彼女が手を振りながら小走りに向かってくる。

小刻みに揺れる胸元。耳鳴りが激しさを増す。

「ペイントコーナーだって。」

刷毛を4種類選ぶ。「結構いい値段するんだね。」

「大丈夫だよ。黒ちゃんに精算してもらうから。」

「黒ちゃんて誰?新しい女。」

「違うよ。サバニの仲間。」

「ホントに。黒木瞳似の仲間じゃないの。」

「黒木瞳似の人はいないけど、年齢が近い人はたくさんいる。」





耳鳴りが止まらない。メチコバールを飲む。自分の声が頭に反響する。







「これからどうする。」

「日ノ出町の焼き鳥屋でも行こうか。」

「うん。いいよ。」






みなとみらいを背にして大岡川沿いを歩く。


監督の教え子のカヤッカーが川を行き交う。



「ネー。油を塗られるサバニって気持ちいいのかな。」

「多分、気持ちいいと思うよサバニにDNAがあれば染み込んでんじゃない。」

「さっき買った刷毛で油塗るんだよね。」

「そうだよ。」









「私も刷毛で気持ちよくなりたい」









日の出町駅を過ぎ。大岡川沿いの場末の。



LOVE・H・・・・・・・・・・・・L





「嫌いになったらいつでも別れてあげる。」



「私たちの事。奥さん知ってるの。」







高音の耳鳴りが激しさを増す。三回目のステロイドをIPAで流し込む。







夏の恋はいつも気温が10度下回った時に終わる・・・・






明日はサメの油を塗る。この刷毛で。馴染むように、滑る様に、感じる様に。





https://www.youtube.com/watch?v=yeDbyR9Xpdw




 2016年10月22日(土)  青北風
IMG_0672.JPG 3264×2448 2651K
秋の季語。青北風。



そんな晩秋の大浜朝6時。武ハリの時間。

荒ぶる海。

「safetyfirstで、今日は陸トレにしょう。」

500メートルのビーチラン、坂の傾斜で負荷をかけたpush・up

500メートルのビーチラン、坂の傾斜を使って腹に負荷をかける。

その繰り返しを際限無く続ける。

乳酸の上がりと相談しながら、浜の坂道ダッシュを繰り返す。

クールダウンで海へ飛び込みうねりと戯れbody・surfing

上がりのビーチランで、今日の武ハリは終了。



沖縄各地のハーリーを制覇し、香港に渡りDragonboatのプロになると言う野望を抱く男達

には、物足りない内容だったかもしれない。

サバアンダーの香りを嗅ぎながら、次なる自己への挑戦に思いを馳せる。

 2016年10月16日(日)  野球狂の詩
IMG_0668.JPG 3264×2448 2972K
秋晴れの今日。サバニには乗らず野球に興じる。



1983年。横浜商業高校は春の甲子園大会準優勝。

最強だった。

33年の時を経て彼等と同じフィールドに立つ。

母校武相とはいつもライバルだった。




久しぶりの張り詰めた緊張感。

一球一球に集中する。50を過ぎてこんな思いをするとは夢にも思わなかった。




ずっとボールを追いかけていた。

魚市場の駐車場、工場脇のグランド、平和島公園の原っぱ、

武相高校の球場。




最終回ツーアウト、サードからの送球。



ファンブルする。

「しまった。」

グラブからこぼれたボールを右手で掴むまでの数秒。

初めてボールを握ってから46年の時間。

グラブの革の匂い。砂煙。

右手でボールを握り、右足をファーストベースに伸ばす。




「アウト!」




優勝。





秋の西日がサングラスに反射する。




「遠く離れてハイスクール、揺れる思い出。」

SASの歌詞が頭に流れる。




「もう、会えないのだろうマイフレンド。」





1983。Y校を倒そうと必死に365日白球を追いかけていたあいつら全員とは、もう会えない。





グラブを磨きながらビールを飲る。

レザーローションの匂い。

グラブを拳で二回叩く。



帰らざる日々の扉をノックする様に。

 2016年10月15日(土)  Freedom of speech
grp1015095911.JPG 1476×1476 163K
How many roads must a man walk down
  Before you call him a man?
  Yes, 'n' how many seas must a white dove sail
  Before she sleeps in the sand?
  Yes, 'n' how many times must the cannon balls fly
  Before they're forever banned?
  The answer, my friend, is blowin' in the wind,
  The answer is blowin' in the wind.

  How many years can a mountain exist
  Before it's washed to the sea?
  Yes, 'n' how many years can some people exist
  Before they're allowed to be free?
  Yes, 'n' how many times can a man turn his head,
  Pretending he just doesn't see?
  The answer, my friend, is blowin' in the wind,
  The answer is blowin' in the wind.

  How many times must a man look up
  Before he can see the sky?
  Yes, 'n' how many ears must one man have
  Before he can hear people cry?
  Yes, 'n' how many deaths will it take till he knows
  That too many people have died?
  The answer, my friend, is blowin' in the wind,
  The answer is blowin' in the wind.

 2016年10月08日(土)  気絶するほど悩ましい海。
IMG_0018.JPG 1476×1476 163K
鏡の前でルージュをひきたい様な曇った朝。






武ハリ4thは熱男と2名で行われた。

海人は生死感に固執しなかったと、何かの本で読んだ事がある。




海中での素振り600本、インターバルの間に浜往復のビーチラン。

鏡の様な海面に死相にも似た形相が映る。

砂を搔き上げる脚に絡む波。

堪え切れなくなったstomachからのreturnを

波が消し去る。

何故走り続け、エークを握り続けるのか?

その先には何があるのか。求めない答えこそが、

俺たちの行き先だから。



熱男と今朝交わした三言葉目が「お疲れ。」だつた。





気絶するほど悩ましい海を眺め、武ハリ4thは幕を降ろした。



ルージュを小指で拭き取り、背を向ける。

 2016年10月02日(日)  秋の気配
IMG_0659.JPG 3264×2448 2009K
ただサバニを漕ぐ。





いつ以来だろう。お天道様を拝んだのは。

武ハリ3rd、5名参加。

たうてぃ"がハーリー舟に変わる週末。




ハーリー。琉球の伝統。神事。




何故、サバニに乗るのか?漕ぐのか?

模索しながらエークを握る。

心拍数が上がる。思考が回らなくなる。



漕ぐ仲間を注視していると、或る事に気付いた。

漕ぎには、その人のpersonが反映されるという事がわかった。

一挙手一投足、nightlife、性癖までも。

私は散歩の達人を自負しているのだが、

漕ぐ事も歩く事もその人の生き様が伺える。

三万年前に我々人類が何を考え何に思いを馳せていたのか。

エーク越しの秋の海がヒントをくれた。

ハーリー。最高に魅力的な神事。琉球の海を仲間と漕ぐ日が待ちきれない。

武ハリは、頑張る中高年を応援します!








神無月に入り、街はすっかり秋の気配。

港が見下ろせる公園に歩みが進む。

僕があなたから離れて行く・・・

そんな、季節。おめでとうとだけ言わせてほしい。



https://www.youtube.com › watch





過去ログ 2010年02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2011年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2012年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2013年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2014年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2015年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2016年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2017年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2018年01月 02月 03月 04月 05月 

一覧 / 検索