累計

本日

昨日



― Breeze ―


過去ログ 2010年02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2011年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2012年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2013年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2014年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2015年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2016年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2017年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2018年01月 02月 03月 04月 05月 

 2016年05月26日(木)  秋谷のカリスマ
grp0526171459.jpeg 1476×1476 163K
最近、年のせいなのか、感性の欠如なのか、

文章を読んでも込み上げるものがなかった。




或るお店のお別れの文。




不意に心を揺さぶられた。

いい文章は人柄を表すし、背景や気持ちが克明に見える。




その店は秋谷にあった。小さなお店。

外のベンチでビールを飲んでいると店から出て来る

お客さんがみんな笑顔だった。



みんなを笑顔にさせる小さなお店。

店主の彼女はアメリカに行く。文章の中にはまた何処かで

お店を開けたらと記してあった。


みんなを笑顔にさせる小さなお店が地球の何処かで。



いつもの様にサバニに乗ってビールを飲みに行くよ。


彼女の笑顔とみんなの笑顔に会うために。







秋谷の海。Bagdad CaféのCalling youが聴こえた。

 2016年05月22日(日)  うりずん
grp0522190709.jpeg 1476×1476 163K
潮時と考え、断筆していた今日この頃。

私のライフワーク上どうしても書かなければならない

出来事があった。

私は職場に車で通勤している。職場近くに駐車場を借りて。

数日前、帰路に着くべく駐車場に歩みを進めていた。

50メートル後方に職場の後輩。

脅かしてやろうと駐車場入口の草むらに身を潜める。

私の後ろには彼しか歩いていない。

時間を見計らい、草むらから両手を挙げて、

「ガオー」

すると目の前には、

サザエさんに出ている波平さんそっくりなオジサンが

腰をぬかして私を指差し。



「な、な、何だねチミは‼」


ドリフのコントでよく耳にした"チミ"。

人は本当に驚くと君ではなく、チミと言う事が分かった。

平身低頭で謝罪する私。後から来た後輩が私の姿を見て。

「何やってるんですか。」

「この方に失礼をしたから謝ってる。」

「謝ってるのに何で笑ってるんですか?」



そんな数日前の出来事を思い出しながら、うりずんの海を漕ぐ。

大潮で引いた磯場の海苔が波平さんのチョビヒゲに見えた今日。





後日、その方が駐車場隣のご主人だとわかり再度謝罪に行く。

「君、今後は気をつけたまえ。」




人は本当に驚かないと"チミ"とは言わない・・・

 2016年05月13日(金)  薫風
grp0513153441.jpeg 1476×1476 163K
お陰様で、たうてぃ"ダイヤリーズも60000HITを超え。

皆様のお目汚しもそろそろ潮時かなと思っております。




そんな中、監督から金言を頂いた。


「モアイ、動け」と。


モアイとはイースター島の巨像。

立像が動くと言う事は。深く含蓄のある言葉。

言葉に寄り添いながら生きて行くしかない小生。

ただ、薫風に身を任せ草が茂る土手を見つめ思案する。




長かったようで短い7年の歳月。




薫風に揺れる若葉がGilbert O'Sullivanの旋律に似て。







久しぶりの一句

薫風に 生まれし我が子 皐月風

 2016年05月03日(火)  GW前半
grp0503150319.jpeg 2448×2448 1327K
GWも半ばを過ぎた。天候にも恵まれ、

前半は定期的に行っている女子練があり、

久しぶりに江ノ島へも出かけた。

長時間漕ぐサバニはホントに気持ち良い。

海から見る江ノ電、春の日差しを浴びて134号を

行き交う人々、湘南の装い。

春濁りの海にエークを差し込む。鰯の群れが水面を跳ねる。




江ノ島が近くに見える。





君と歩いた橋、サザエ、スマートボール、水玉模様のワンピース。

この季節だったね。ちょうどこの季節だった。

初夏を運ぶ南風にそよぐポニーテール。水玉模様のリボン。




死ぬ前に思い出す事、きっと思い出す事。




微風、南西に風が変わる。サバニの帆が微かに揺れた。

この風に乗ってあの日に帰れたなら。

きっと帰れたなら。





今、三番エークを漕ぐ。前から吹く風。


加齢臭の匂いと無精ヒゲしか見えない春の旅。

過去ログ 2010年02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2011年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2012年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2013年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2014年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2015年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2016年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2017年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2018年01月 02月 03月 04月 05月 

一覧 / 検索