累計

本日

昨日



― Breeze ―


過去ログ 2010年02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2011年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2012年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2013年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2014年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2015年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2016年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 

 2015年07月26日(日)  文月に想う。
11228499_946319828765197_1869707169816887653_n.jpg 720×960 111K
今日はsurfing「洋之介メモリアルカップ」開会式の手伝い。


http://www.yonosuke-memorialcup.com/


暑い中、葉山公園大浜には沢山のaudience。

ceremonyの中で参加のプロサーファーたちのコメントに一服の清涼感を覚えた。




自然の中で真摯に生きている姿。




鳶が行き交う空。文月に想う。





サバニの稽古終わりにメンバー、ファミリーとのゆんたく。




充実したSunday。










文月に想う。八百万の神と芝の上に立ちすくむ自分に。








満たされない幸こそが本当の幸なのかも・・・・


https://www.youtube.com/watch?v=0qHvb0vT0BU

 2015年07月22日(水)  定期練習
DSCF2093.jpg 3648×2736 2162K
朝5:30分。南西15ノット、南のうねり。




9名参加で。お世話になっているメディアの方々からも


取材をしていだだきました。


キャプテン、Euro遠征からの一時帰国。葉山の海で誰にも舵を譲らぬ様、

彼とのライディングはいつもcoolで熱くなる。

南西を漕ぎで登り。うねりを楽しみダウン・ウインドーのご褒美をいただく。






サバニを速く走らせる。






いや。サバニを極限まで生かしてやる。

いつもながらに最高の感覚、痺れ、贅沢。



”たうてぃ”が生きていると言う事が手に取るように解る。



二時間半の至福を終えて駐車場へ。海水浴場を通る。


朝からTバックとお尻を少し出したビキニのギャルが浜で寝そべる・・・・






働くのが嫌になる季節、サバニの帰り道。

生きるため、またサバニに乗るためと言い聞かせ己に帰る。







禁酒法時代のアル・カポネが作った酒を飲みたくなった朝・・・・










今年の夏も、いくつの恋が生まれ消えていくのだろう。

真夏の浜は媚薬に満ちている・・・・あの頃に戻りたい。


https://www.youtube.com/watch?v=p-G05cJg5XM



 2015年07月18日(土)  serf・Paddling
grp0718155128.jpg 960×720 108K
海の学校が中止になった今日。砕波帯でのパドリングトレーニングが行われた。

参加者は監督、カニ、イカ、エビ、星詩君。

大荒れの海況で、漕いでも漕いでも安定せず前に進まない。

交代時には逐一監督の指導が入る。

2時間漕ぎまくり基本からの反復、最高に貴重でいい練習になりました。

年に何回しか今日のようなconditionで海に出ることは無いですからね。

的確な監督の指導。いつもながらに大変勉強になりました。





今日のような日こそ葉山サバニ倶楽部のメンバーで良かったと痛感します。







手とり足取り”内田正洋”にパドリング教えてもらったらいくらかかるんだ・・・








これから反省会で横須賀のドブ板に繰り出す。





青春がフィードバックする・・・・


https://www.youtube.com/watch?v=vvRh43s8ArE

 2015年07月15日(水)  煙草はmenthol火を貸しただけ
grp0715232204.jpg 720×960 61K
座間味レースから半月。




マリリンカップでの「松助」の動きが脳裏から離れない・・・


舟のレスポンスと呼ぶには尋常ではない動き、トゥムヌイの帆捌き舵捌き。





”たうてぃ”と対比してレースを夢想してみた。

我倶楽部のレース艇”たうてぃ・モア”ではなくあくまでも”たうてぃ”

何故かと言うと奴と長い時間を過ごし熟知しているからだ。


舟の大きさ帆の大きさ等々の違いはあるが、”たうてぃ”で勝負出来る部分もある

チービシ〜那覇港のストレート、夏至南風を上手く浴びれば勝算はゼロではない。





天才のトゥムヌイ









夢想は広がる・・・・・・・







土曜日は海の学校。監督。かに、イカ、エビたちとサバニの素晴らしさを

子供たちに伝える。台風の影響で開催微妙だけど・・・







最近、いろいろな事を夢想したり思い出したりする。

20代前半、黄色いセリカLBのカーステからは「中原めいこ」が止まらなかった。

https://www.youtube.com/watch?v=Q--_vwlUU40

 2015年07月12日(日)  祭り
DSCF2092.jpg 3648×2736 2096K
今日は島の本祭り。ナオは朝から帰ってこない。お祭り好きは誰に似たのだろう?

そして私は、クルーニーの母校のチアガールを拝見するため、

「追浜祭り」へ。さすが横須賀。多国籍の賑わい。

お爺さんのバンドが奏でるオールディーズ。ジリジリ刺す日差し。

サンバに琉球エイサー、阿波踊り、追浜高校のソーラン、ベリーダンス・・・・




ラテンのリズムに追浜の街が揺れる。






エイサーの太鼓、指笛でリズムを取る。演舞終わりに「指笛上手いですね!」と

声をかけられる。「メンバー募集中なので是非!」

頂いたチラシを見ると年齢制限がある。「16歳〜28歳まで」・・・・・





葉山サバニ倶楽部のメンバーは誰も入会できない・・・・・・








島に架かる夕照橋を渡るとそこは横須賀。

無国籍な雑踏、行き交う人々、アラミスの香り、タトゥー・・・・・



大好きだ。





この曲を聴くたび。ジリジリした夏の浜が脳裏を巡る。


https://www.youtube.com/watch?v=dKuvJ7zG9LI

 2015年07月10日(金)  イベント
11707627_906024326129477_8440993215116239230_n.jpg 960×720 86K
レースが終わっても葉山サバニ倶楽部の活動は止まらない。

先週のサザエ焼きから始まり今週来週は子供たちのイベント。

今週のイベントはcondition不良の為、延期になってしまいましたが

来月”たうてぃ”で海に出ましょう!


あす予定されていた幼稚園の子供達。毎日のように野を駆け、山を登り、海で遊ぶ

とても素敵な幼稚園。なんと、サバニのmyエークも持っている。

エークには作者名が記されている。「マギー・仲野」・・・・・

そして園長先生がサバニの舵をとれる。世界広しといえども

サバニを操る園長先生はいないのではないのだろうか。

園長の舵で動くサバニ、クルーはmyエークを持った園児たち。

とても素敵な光景だ。来月が楽しみ!






そして何より園長先生が”美人”ミーカガンを着けた姿はクレオパトラか楊貴妃か

海人もびっくりの美しさ。規制のため、写真をお見せできないのが残念ですが・・






来週は台風大丈夫かな?


 2015年07月06日(月)  自然と対峙すると言う事
grp0706232923.jpg 1476×1476 155K
サバニ乗りの端くれとして肝に銘じていることがある。



自然と対峙していると言う事。




「人間は自然を愛しているかもしれないが、自然は人間なんか愛しちゃいない」




昔の映画のコピー。その通りかもしれない。





冬に限らずこれからの時期でも起こりうる事。



低体温症




認識しておかなければならない重要事項だ。




https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BD%8E%E4%BD%93%E6%B8%A9%E7%97%87


ショッキングな内容も含まれているが事実なので認識してほしい。

http://www.jfmga.com/pdf/tomuraushiyamareport.pdf

 2015年07月03日(金)  マリリンカップ
885678_763542747086944_3669573622155991105_o.jpg 980×551 63K
スタート前のウォーミングアップ。



糸満の誇り”エミ丸”が縦横無尽に闊歩する。まるで生き物のよう・・・・






マリリン像前の海域。スターティング・グリット




チーム・たうてぃ

カオリキャプテン・順子さん・tanちゃん・監督。





スタートまでが戦いだった・・・・・




いくつものhazardを乗り越えスタートに着く。


前日の熱いディスカッション、等々の問題を乗り越えてのスタート。



「プー」スタートと同時に強豪チームが帆をなびかせる。



スタート直後、岩を廻り風を貰うまではタフな海況。


岩陰から1艇、また1艇と姿を現す。


”たうてぃ”が来ない。



小学校に初登校する子供を見送る母親の心境の様・・・・






最後の1艇を見送り古座間味へ。


私の目では通過を確認できなかった。


「リタイヤしちゃったのかな・・・」



息を切らし走ってビーチへ。



あれ、みんな着いている。「去年より30分早かったよ!」



この時点で私の座間味遠征、艇長としての役割は終わったと言っても過言ではない









順子さんの凛とした漕ぎ。tanちゃんのphysicalを駆使したバランス、漕ぎ。

カオリ先輩の想いを乗せた舵。そして、Mr・kayak。







今はピンと来ないかもしれませんが、4人で過ごした時間。



海と風と仲間とサバニと。共に過ごした宝物のような時間。







素敵でしたよ。






カオリキャプテンが憧れる、女海想の荒木キャプテンから。

「名護でサバニ一緒に乗りましょうよ。」との言葉もいただきました。





ラテンのリズムが流れる泊港。




カオリキャプテンがつぶやいた。「私、今回のレース悔しい。」






彼女たちの今後、成長すると誓った那覇の夜。







彼女たちの今後から目が離せない・・・・・







PS

目が離せないと言ってもストーカーではありません。

私、熟女には興味ありませんから。(BY冷えすぎちゃってゴメンネ。)



ラティーナな夜には。


https://www.youtube.com/watch?v=gqXALc7nzDQ





過去ログ 2010年02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2011年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2012年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2013年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2014年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2015年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2016年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 

一覧 / 検索